2022年トヨタカローラクロス-ハイブリッドSUV | 完全なレビュー、仕様、インテリアおよびエクステリアデザイン

これは新しい2022年式トヨタカローラクロスハイブリッド電気コンパクトSUVです。このウォークアラウンドレビュービデオで、インテリア、エクステリアデザイン、機能、テクノロジー、安全システム、エンジンの詳細、パフォーマンス、カラーオプション、その他の詳細を確認してください。

その差し迫ったマレーシアの発売を何ヶ月も誇大宣伝した後、2022年のカローラクロスハイブリッドはついにRM136,550で到着し、地元の販売業者であるUMWトヨタ自動車のために2022年をスタイリッシュに開始しました。

以前は、2021年初頭にこのシリーズが最初に発売されて以来、ここで販売されているカローラクロスのすべてのユニットはタイから完全に輸入されていました。マイナーな機能強化がありますが、これらの車両のCKDバージョンは紙面で同一のままであり、変更されていないスペックシートと機器レベルを共有しています。

ここのスターアトラクションに、2022年の範囲のトップに自然に位置するカローラクロスハイブリッド。何を見るべきかわからない限り、1.8Vとハイブリッドを分離するための多くの視覚的な手がかりを見つけるのは正直なところ難しいでしょう。にとって。

電動Cセグメントクロスオーバーは、同社のブキットラジャ工場で現地組立され、国内初のTNGAベースモデルとなる。推定価格はRM137kで、これには5年間の無制限の走行距離保証と8年間/無制限の走行距離ハイブリッドシステム保証が含まれます。後者はRM2,950の小額の料金でさらに2年間延長することができます。

車に動力を与えるのは、2ZR-FXE 1.8リッターアトキンソンサイクル4気筒ガソリンエンジンで、5,200rpmで98PS、3,600rpmで142Nmのトルクを提供します。ドライブはe-CVTを介して前輪に送られ、ミルは定格72PSおよび163Nmの電気モーターと連動して、合計122PSのシステム出力を提供します。 UMWTは23.3km / lの燃料消費量を見積もっています。

デザイン的には、新しいハイブリッドバリアントは1.8 Vによく似ていますが、ハイブリッドバッジとブルーアクセントのバッジとトリムが付いています。内部には、青いエンジンスタートボタン、EVドライブモード、および7インチのハイブリッド専用計装(ガソリンのみのバリエーションでは4.2インチ)があります。

その他の機能には、AndroidAutoとAppleCarPlayをサポートする9インチのタッチスクリーンインフォテインメントシステム、6つのスピーカー、黒い革張り、8ウェイパワード運転席、リアエアベント、キーレスエントリーとスタート、360度サラウンドビューカメラ、車両が含まれますテレマティクスシステム(VTS)、およびアダプティブクルーズコントロールとAEB。

もちろん、日本の自動車メーカーのハイブリッド車がマレーシアの工場(ブキットラジャ)から出て、施設を整えるために多大な労力と費用を費やしたのはこれが初めてです。さらに良いニュースでは、そのローカルアセンブリのデビューは、CKDの形式と価格でカローラクロスの残りの範囲の可用性と一致しています。

2022年式トヨタカローラクロス1.8G(CKD):RM123,000
2022年式トヨタカローラクロス1.8V(CKD):RM129,000
2022年トヨタカローラクロスハイブリッド(CKD):RM136,550

#Toyota #CorollaCross #2022

Posted by asami