【速報】LEXUS RZ ココがスゴイ、わかりやすく解説

BZ4xのレクサス版 LEXUS RZ!BEVで世界一のSUVとなれるのか?サイズはハリアーに近く、SUBARUのソルテラの兄弟?
完全解説!今わかる全て

兄弟車、BZ4Xの動画はコチラ

チャンネル登録、是非!お願いします🥺
https://www.youtube.com/channel/UCk9iZSuDVAlOvAc6VX-p26g ?sub_confirmation=1

おちゅんブログ 暇なら是非^_^
http://ferrarimaster.livedoor.blog/

しかしそこはレクサス更に磨きかけてきた
ダイレクト4
前後のモーターを用いて四駆システムを開発

ステアリングバイワイヤ
シャフトで繋がってない
電気信号を送る
つまり、タイヤのキレ角とハンドルの角度を
自由に設定できる、というメリットがある

高級車にこそ電気であるべき!

コレまでのレクサスも脅威的な静粛性は実現していたが
モーター駆動になると更に静かになる
未来の車が現実となった

空力もデザインも両立した

外観の特徴はスピンドルグリルが
スピンドルボディになったこと

内装は手綱コンセプトの通り
人馬一体、ドライバーをぐるっと囲む
コクピット感の強い物

特徴はステアリング
持ち替え不要、おそらく速度によってキレ角が変わる事でコレを実現

Uターン車庫入れも持ち替えなくて済む
違和感があるのかどうか、
走って気持ち良いかどうか、今後見ていきたいポイント

スカイラインのステアリングバイワイヤは乗ったことがあるが

もちろん、まんまるの物もあり、選べるが

内装のカラーは3色

アンビエントライトも備え
自然表現しているイルミネーション

ドアの開閉時には立体的な光があたり
この辺りもおもてなしを表現する

そしてサイズ

BZ4xと比較して

タイヤは18と20が確認できる

充電して走れる距離は450キロ
バッテリー容量はBZと同じ

モーターは前後に配備
150kW
リア80kW
BZは前後80だったので
フロントは倍の出力をもったモノになる

1.5倍の出力UP

230 kW 馬力だと300ほどになるが
トルクが次元が違うので速い

前後モーターを巧みに制御し
燃費、加速性能、様々な部分に貢献する

例えば加速時、後ろにグッと押しつけられるが
前後の制御で姿勢変化を減らすなど、高級車の世界観が変わる

コーナーでも入り口ではフロントモーターがトルクを出し、出口では後ろがパワーを与える事でより安定した走りを実現し

まさに別次元となる

ブレーキにおいても 電気自動車なので
回生ブレーキという ブレーキを踏むと充電されるモノになっているが、前後独立し
乗り心地を確保する仕組みがある

タイヤの回っている運動エネルギーを電力に変換する

B Z4xとも共通するシフト
電気用プラットフォーム E TNGA

スポーツグレードにはパフォーマンスダンパーが入りよりキビキビした走りを実現する

サスはマクファーソンストラットとダブルウィッシュボーン

サスペンションは周波数により減衰力が変わるシステムで最新版はレクサス初採用

ガラスも静か(アコースティックガラス)を採用

BZと同じく ヒーター、ヒートポンプエアコンとなる
LEXUS写真引用https://lexus.jp/models/rz/worldpremiere/

写真引用https://lexus.jp

全長:4805mm 全幅:1895mm 全高:1635mm ホイールベース:2850mm

写真引用BZ4X公式HPhttps://toyota.jp/bz4x/

全長4,690mm、全幅1,860mm、全高1,650mm。ホイールベースは2,850mm

11.5センチも長さが違う

サイズとしてはハリアーとrav4の間くらい

https://toyota.jp/rav4/

写真引用公式ハリアーHP
https://toyota.jp/harrier/

#TOYOTA #LEXUS #RZ

Posted by asami