新型レヴォーグで衝突実験!後席シートベルトを装着しないと大変なことに・・・

5月25日、スバルのレヴォーグがJNCAP「自動車安全性能 2020 ファイブスター大賞」を受賞しました。衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得です。

新型レヴォーグは、スバルグローバルプラットフォームに加えてフルインナーフレーム構造を採用。従来モデルに対してボディ構造の最適化と高張力鋼板の適切な配置により、質量増を抑えながら前面・側面・後面すべての衝突安全性能を大幅に向上させています。

またデュアルSRSエアバッグをはじめ、側面衝突時に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグや、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグ、さらにシートベルトによる拘束保護性能を高める助手席SRSシートクッションエアバッグを採用。また歩行者保護エアバッグも全車標準装備する。

というわけで今回はそんなレヴォーグの優れた衝突安全性能を証明する動画を公開・・・はもちろんのこと、改めてシートベルトの大切さを伝える内容となっている。たとえクルマ自体の衝突安全性能が向上しようとも、シートベルトを未装着ではほとんど意味をなさないのがよくわかる。

driver channelは自動車雑誌「driver」や自動車情報サイト「ドライバーWeb」に紐づくYouTubeチャンネルです。

自動車雑誌「driver」

ドライバー公式サイト

自動車情報サイト「ドライバーWeb」
https://driver-web.jp

公式Twitterはこちら→@driver_1964
公式Facebookはこちら→@driver.yaesu

#衝突
#事故
#レヴォーグ

Posted by asami