新型ヤリス・高速で全車速追従型クルーズコントロールを使ってみたら快適すぎた!

今回は、新型ヤリスハイブリッドを試乗。高速道路で、全車速追従機能付レーダークルーズコントロール(ACC)、レーントレーシングアシスト(LTA)、オートマチックハイビーム[AHB]を使ってみた。

2021年5月10日、トヨタ自動車は、コンパクト・ハッチバック新型ヤリスの一部改良モデルを発表した

2020年に登場したヤリスは、トヨタのグローバル・モデルである。日本仕様は標準仕様の5ドアハッチバックと、高性能版の3ドアハッチバックであるGRヤリスの2本立て。

衝突被害軽減ブレーキには緊急時操舵支援機能が搭載。歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合、ドライバーの回避操舵を支援するという。また、超音波を使ったインテリジェントクリアランスソナーを「HYBRID Z」、「Z」(MT車を除く)に、バックガイドモニターを「Z」と「G」に標準装備した。

内装では、ウイルスや菌の抑制に効果があるとうたうOHラジカルを含む微粒子イオンを従来の10倍量放出する「ナノイーX」を運転席側エアコン吹き出し口に、HYBRID ZとZには標準で装備した。HYBRID GとGではオプション設定。

アップデートされた新しいヤリスの価格は139万5000〜252万2000円。

★チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC9el9fwuXsF9tpnrCo6X98g

Posted by asami