トヨタヤリスクロス(2021)オフロードドライブ、4WDオフロード走行性能

トヨタヤリスクロス(2021)オフロードドライブ、4WDオフロード走行性能.
下に配置された新しいヤリスクロスは、2560ミリメートル(100.8インチ)のスーパーミニのホイールベースを引き継ぎ、より長いオーバーハングを備え、全長を240 mm(9.4インチ)から4180 mm(164.5インチ)に増やします。また、ヤリスよりも幅が20 mm(0.8インチ)、高さが90 mm(3.5インチ)ですが、前述のC-HRよりも大幅に小さいままです。全輪駆動はヨーロッパの小型SUVセグメントではそれほど一般的ではありません。そのため、ヤリスクロスは、3気筒1.5リッターガソリンエンジンと連携するハイブリッドパワートレインに結合されたAWDレイアウトを提供することを喜んで報告します。電気モーター。燃焼エンジンの熱効率は最大40%で、前輪駆動モードで車両に単独で動力を供給することができます。センサーがグリップ状態の悪さを検出すると、AWDシステムが作動し、ドライバーが雨、雪、さらには砂に取り組むのを助けます。ハイブリッドセットアップの総出力は116馬力で、それほど多くは聞こえないかもしれませんが、都市指向のクロスオーバーから本当にもっと必要ですか?トヨタは、前輪駆動モデルのCO2排出量は120 g / km未満であるのに対し、AWDモデルのCO2排出量はWLTP体制ごとに135 g / km未満であると主張しています。

Posted by asami