【トヨタに対抗】日産・ホンダ・マツダの注目新車7選![2020年]キックス、ヴェゼル、ノートなど

【VSトヨタ】日産・ホンダ・マツダの注目新車の内容を徹底考察!エクストレイル、キックスなど
トヨタに対抗は言い過ぎかもしれませんが、各メーカーの今後の注目新車をまとめてみました。

今回の動画では「日産・ホンダ・マツダの注目新車」についてご紹介しました。
個人的にホンダの新コンパクトSUVは注目しています。
日産も続々と新車を投入予定で楽しみですね。

動画の感想などコメント欄でお待ちしております!

#話題の車#新車#トヨタ

【関連動画】
・https://www.youtube.com/watch?v=38qB5XGM6qk
↑日産 2020年 新車情報9選!ノート・エクストレイル・キックス・デイズルークスなど
・https://www.youtube.com/watch?v=cENHx-_1kEQ
↑【トヨタVS日産】2020年新車SUV6選をランキングで紹介
・https://www.youtube.com/watch?v=10hfnxGmQ1I
↑【2020年注目の新車TOP10】それぞれの販売台数を予想!プラド、レヴォーグ、RAV4Primeなど
・https://www.youtube.com/watch?v=Ymx7Wzcyg_s
↑【新車で買えるSUV】2019年に乗った現行車SUV
・https://www.youtube.com/watch?v=f8nLkkf1l_A
↑2020年の新型SUVの噂!ハリアーランクル エクストレイル の話

チャンネル登録も宜しくお願いします!
https://bit.ly/2PVvAjK

↓以下、動画の内容です↓
【その1:キックス】
・ポイント①:e-POWERやプロパイロット搭載
・ポイント②:ジュークの後継車
・発売時期:2020年6月頃
・対抗車:C-HR
日産が久々に出す新車SUV、キックス。
全長4300mm、全幅1760mmというコンパクトSUVで、C-HRよりも小さくライズよりは大きいサイズです。
今年6月の登場予定で、日産お得意のe-POWERモデル、プロパイロットなどの搭載が濃厚で、価格帯は200万円前後と言われています。
車の内容だけでも売れそうですが、さらに、ジュークの後継車ということもあり、日産ファンの方の期待も高いのではないでしょうか。
ボディサイズはC-HRと同じカテゴリながら、価格帯はライズと同じという、コスパの良さが魅力的で、かなり期待できる仕上がりと言えるでしょう。

【その2:ヴェゼル】
・ポイント①:ハイブリッドのe:HEV化
・ポイント②:外装はキープコンセプト?
・発売時期:2021年春頃
・対抗車:C-HR
SUV王者としてトヨタと張り合ってきた、ヴェゼル。
ヴェゼルはコンパクトSUVとして、C-HRと常に比較され続け、販売台数でも1,2位を争うライバルです。
そんなヴェゼルも現行型は今年で7年目となることや、C-HRに対抗するため、来年春頃のフルモデルチェンジが噂されています。
新型では、e:HEV導入による低燃費化やPHVモデルの追加などが検討されているとのこと。
また、現行の外観はキープコンセプトで、あくまでシティ派SUVとして改良されるようです。
価格さえ高くならなければ、新型発売で人気はさらに加速するのではないでしょうか。

【その3:ノート】
・ポイント①:e-POWERの進化
・ポイント②:3列仕様は導入されないかも
・発売時期:2020年秋頃
・対抗車:アクア
2016年のe-POWER導入以降、トヨタ車にも負けない人気を獲得したノート。
同じコンパクトカーであるライバルのアクアと、2018年は販売台数1,2位を争い、接戦の末に1位を獲得しました。
そんなノートですが、現行型は2012年から今年で8年目ということもあり、今年の秋頃にフルモデルチェンジが予想されています。
主な変更ポイントとしては、グリルの拡大、e-POWERのパワーアップ、3列スライドドア仕様の追加などがあげられています。
とはいえ3列仕様については、「ノートはコンパクトカーとして人気なので、コンパクトミニバンとして売り出すのは無謀だろう」という声も多く、真偽は不明です。
e-POWERの魅力はまだまだ健在で、現行型から性能がパワーアップするだけでも、アクアに十分なインパクトを与えることができるのではないでしょうか。

【その4:ホンダ 新コンパクトSUV】
・ポイント①:5ナンバーかつ100万円台
・ポイント②:1L VTECターボエンジン
・発売時期:2021年夏頃
・対抗車:ライズ
ホンダ第3のSUVとして、ヴェゼルよりもコンパクトなSUVが誕生します。
発売時期はヴェゼルが春先に予定されているため、夏頃になるだろうと、ベストカーでは報じられていました。
5ナンバーサイズかつ100万円台、そして本格派な見た目という、「打倒ライズ」と言わんばかりの仕上がりです。
エンジンはお手頃な価格を実現するために、1.5LNAエンジンではなく、1L VTECターボが濃厚でしょう。
ライバル不在で独走状態のライズを止めることができる本命候補は、ホンダの新コンパクトSUVかもしれません。

【その5:セレナ】
・ポイント①:e-POWERに4WD追加?
・ポイント②:内外装は手堅くキープコンセプト
・発売時期:2021年夏頃
・対抗車:ノア・ヴォクシー
日産の大人気ミニバン、セレナ。
ノア・ヴォクシーとは同じ2Lクラスのミニバン車として、ライバルにあたります。
現行型は2016年登場の5代目で、これまで5~6年周期でモデルチェンジが行われていることから、来年夏頃の新型発売が噂されています。
新型では、人気のe-POWERに4WDを追加する噂があり、実現すれば4WDでも屈指の低燃費になるのではないでしょうか。
また、内外装に関しては基本的にキープコンセプトで、人気の高い現行型から大きな変更はないと言われています。
フルモデルチェンジが噂されている2021年の夏は、ノア・ヴォクシーもフルモデルチェンジが予定されており、改良の内容次第では立場も逆転するかもしれません。

【その6:マツダ2】
・ポイント①:SKYACTIV-X搭載
・ポイント②:上質な内外装
・発売時期:2021年秋頃
・対抗車:ヤリス
マツダのグローバルコンパクトカー、マツダ2。
昨年夏にデミオから名前を新たにしたばかりですが、来年にはフルモデルチェンジが噂されています。
3気筒1.5LのSKYACTIV-Xを搭載し、マツダらしい走りを押し出した車となるようです。
また、マツダ3と同じく上質な内外装を武器に再度改良するようです。
ハイブリッドモデルがないというマツダらしい姿勢で、流行りに乗りたくないという人は、マツダ2を好むのではないでしょうか。
スタイリングやインテリアなど全体的に上質さが際立っており、独自路線を貫く姿勢は、ヤリスとの違いになるのではないでしょうか。

【その7:エクストレイル】
・ポイント①:e-POWER導入!?
・ポイント②:ガソリンはシンプルハイブリッド
・発売時期:2021年夏頃
・対抗車:RAV4、ハリアー
登場から20年が経つ今尚、SUVの人気車に君臨し続けるエクストレイル。
現行型登場の2013年からもう7年目ということや、リーク画像が撮影されるなど、来年夏頃のモデルチェンジが濃厚になっています。
そんな新型は、e-POWER導入が本格視されており、セレナと同じ1.2Lエンジンが採用されるのではと噂されています。
また、ガソリンモデルもシンプルハイブリッド搭載で現行型からパワーアップするようです。
オフロード派のRAV4や高級路線のハリアーとは見た目も価格も異なりますが、充実の内容で注目度も高いです。
これからミドルサイズSUVを購入する際には、新型エクストレイルが候補として上がってくるのではないでしょうか。

*今回の動画で使用している画像については以下のドキュメントに引用元を掲載しております:
https://docs.google.com/document/d/1B9MDlykUKeP0Ld_EdqYqycDiYl3G3fd_615j67QsVoE/edit?usp=sharing

*使用しているBGMはこちらのサイトからの引用です:
http://amachamusic.chagasi.com/

画像その他の著作権などに関しまして、各権利所有者様や第三者に不利益がない様配慮しておりますが、動画の内容に問題がある場合は、各権利所有者様本人から以下のメールアドレスまでご連絡頂けましたら幸いでございます。
banri.yt@gmail.com

Posted by asami