東京モーターショー2019 ホンダ Honda e レポート by 島下泰久

2020年の日本導入が明らかにされたHonda eは、愛らしいルックスでまず目をひくホンダ初の量販電気自動車だ。
リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWhで、航続距離は約200km。最高出力154psの電機モーター、そして後輪駆動の専用プラットフォームにより、俊敏な走り、そして前輪切れ角の大きさによる驚異的な小回り性能などを実現する。また、ワイドなスクリーンを用いたコクピット、AIとの自然発話で各種機能を呼び出せる「Honda Personal Assistant」といった充実の先進機能も注目の1台である。
会場で、開発責任者の人見康平ラージプロジェクトリーダーに話を聞いた。

Posted by asami