【トヨタ新車情報7選】夏に改良される車たちとその内容を図でわかりやすく解説!

7~8月にかけて改良されるトヨタの車たちについて、
改良時期と内容の2点を中心にパワーポイントでまとめていきます。

今回の動画では「トヨタ新車最新情報」というテーマでお話ししました。
当チャンネルでもSUVについては度々投稿しているので、詳しい方も多いと思いますが、SUV以外のカテゴリを見ても、盤石の体制には変わりないようですね。
個人的に一番気になったのはRAV4で、DAについては改悪と言われても仕方がないのかなと思います。

0:00 イントロ
0:24 その1)ヤリスクロス
1:53 その2)アクア
2:30 その3)プリウス
3:29 その4)カムリ
4:32 その5)プラド
5:46 その6)RAV4
6:35 その7)C-HR
7:49 まとめ

ぜひ動画にご興味を持っていただいた方は高評価を押してくれると嬉しいです。
励みになります。

チャンネル登録をすると、
最新の新車/SUV情報が届きます。
ぜひこちらのリンク(https://bit.ly/2PVvAjK)
からチャンネル登録もよろしくお願いします!

#話題の車#トヨタ#新車

【関連動画】
・https://www.youtube.com/watch?v=j4VrPsNzRgs
↑【新車SUVは売れるのか?】まもなく発売の4車を徹底分析!
・https://www.youtube.com/watch?v=k1NcLJ-ZPlA
↑【トヨタのSUV買うならどれ?】サイズ/見た目/価格別におすすめを紹介!
・https://www.youtube.com/watch?v=mC8hBIFYlaA
↑【日産新車】最新情報10選!キックス・スカイラインなど【図でわかりやすく解説】
・https://www.youtube.com/watch?v=BstYIjMJFY4
↑TOYOTA/RAV4/年次改良で現行RAV4もディスプレイオーディオが標準装備に!?

↓以下、動画の内容です↓
【その1、ヤリスクロス】
夏とは言い難い、6月発売のハリアーとRAV4 Primeを除くと、この夏に新車で発売されるのはヤリスクロスだけですね。
現在の予定では、国内では8月17日から生産開始、8月31日に発表となっています。
私のチャンネルでも何度か扱っていますが、念のためボディサイズを確認しておくと、全長4180mm、全幅1765mm、全高1560mmの、C-HRよりも小さい、BセグのコンパクトSUVになります。
ヤリスよりも全長が240mm拡大しており、ヤリスの課題だった後席の居住性は改善されているに違いありません。
外装では、欧州チックでシンプルで、最近のトヨタには珍しく、キーンルックが採用されていません。
また、パワートレーンはヤリスと共用され、排気量は1.5L、ガソリン、ハイブリッドの両方のエンジンが設定されます。
ヤリスと同じということで、WLTCモードで30km/L前後が予想されており、これまではSUVで燃費を重視するならC-HRでしたが、今後はヤリスクロス一択になるかもしれません。

【その2、アクア】
さて、ここからは改良される車について扱っていきます。
まずはアクアで、変更は8月初旬からですが、とくに告知をすることのない、いわゆるランニングチェンジとなるようです。
改良の内容としては、ラインナップ、オプションの整理です。
Gソフトレザーとクロスオーバーの生産が中止になるとのこと。
クロスオーバーの生産中止は大きいですがヤリスクロスの登場も少し関係していそうですね。

【その3、プリウス】
歌舞伎顔が変更されてから1年弱、7月前半にプリウスにも改良がなされると予想されています。
今回の改良は大きく3点で、まず1つ目が装備の拡充です。夜間歩行者検知機能の追加、先行者発進お知らせ機能の追加、100Vコンセントの追加、湿度センサーの廃止が全グレードで実施されます。
夜間歩行者検知機能については、2021年から法規制も変わるので、これは当然といえば当然の変更です。
続いて2つ目が特別仕様車の登場です。
そして3つ目がディーラオプションに、ペダル踏み間違い時の急発進を抑制するスマートキーです。
機能に完全に頼ってはいけませんが、これで事故も多少は減るかもしれませんね。

【その4、カムリ】
セダン不況にもかかわらず、昨年はおよそ20,000台を売り上げた、カムリ。
8月初旬に改良の発表があるようです。
改良のポイントは大きく2つで、1つは夜間の歩行者検知機能の追加です。
これはもう今回紹介する車ほとんどに共通していることです。
もう1つが特別仕様車の追加です。
9代目では発売から4年の2015年にも高級感を演出したPremium Blackが販売されていたので、現行10代目は今年で3年目にあたるので、噂もあっていそうです。
今回は黒ではなく、赤を押し出したデザインで、室内が赤色の本革シートとなっています。
そのほかにもランプ、ホイールで専用加工が施されるようで、セダン好きの人の心を掴みそうな仕上がりですね。

【その5、プラド】
現行150系は2009年から発売されていますが、フルモデルチェンジ自体は少なくとも今年はないと言われています。
改良は8月初旬とのこと。
今回は主に大きく3点が改良されます。
まず1つ目はエンジンで、ターボチャージャーの容量が増やされて、ディーゼルエンジンの馬力が177PSから200PS前後まで向上するとのこと。
そして、2つ目が安全性能です。
車線逸脱防止支援システム、リアクロストラフィック警告&オートブレーキ、道路標識認識機能、先行者発進お知らせ機能が全グレード共通で追加されるとのこと。
3つ目が特別仕様車です。
ブラックエディションという名前で、名前の通り、黒を基調としたドアミラー、ルーフレールなどが装備されます。
販売台数のおよそ20%程度をしめる目論見で発売するようです。

【その6、RAV4】
今、RAV4で新型情報といえば、RAV4 Primeを思い浮かべる人が多いと思いますが、今回は通常のRAV4の改良についてです。
予想発表は8月初旬とのこと。
内容としては、標準装備の追加で、ディスプレイオーディオとインテリジェントクリアランスソナーが全グレード標準装備されます。
DAは画質が低いなど、かねてから賛否両論があった装備で、この追加は賛否両論ありそうです。
また、360度を確認できるパノラミックビューモニターがGで標準装備され、Adventureにはオプションで設定されます。

【その7、C-HR】
最後はC-HRです。
発表の予想は8月初旬です。
改良のポイントは大きく3つあり、
1つ目はGRスポーツのラインナップ追加です。
現在GRスポーツはガソリンMTとハイブリッドのみですが、ガソリンCVTとガソリン4WDでも展開されます。
GRスポーツは多くの層にはまる車なので、今回のラインナップ追加は大きな意味を持つのではないでしょうか。
2つ目は安全性能の最新化です。
セーフティセンスがアップデートされ、夜間歩行者検知機能が追加されます。
最近のトヨタのSUVにはついていた機能なので、ようやくといったところでしょうか。
そして3つ目がボディカラーの整理です。
人気のないオレンジが廃止され、さらにツートンカラーも8つありましたが、3つまで削減されます。
ライズ、ヤリスクロスの登場で、かなり立場が危ぶまれているだけに、GRスポーツのラインナップ追加が含まれた今回の改良は期待ですね。

*使用しているBGMはこちらのサイトからの引用です:
http://amachamusic.chagasi.com/

画像その他の著作権などに関しまして、各権利所有者様や第三者に不利益がない様配慮しておりますが、動画の内容に問題がある場合は、各権利所有者様本人から以下のメールアドレスまでご連絡頂けましたら幸いでございます。
banri.yt@gmail.com

Posted by asami